crossnote / EDITROOM ver 2.1.6リリース

コメントは受け付けていません

投稿日:2023年10月13日 作成者:yasunaka

少し予定より遅れたのですが、2023年10月13日に定期バージョンアップとして、 crossnote / EDITROOM ver 2.1.6をリリースしました。今回のバージョンアップではpluginのバージョンの集中監視機能、crossnoteドキュメントの比較におけるイメージデータの扱いの変更などを行っています。またセキュリティ向上のためにcrossnote HIVEやcrossnote Shareの最新化を行っています。

興味のある方はぜひお問い合わせください。

タグ crossnote

crossnote / EDITROOM ver 2.1.5リリース

コメントは受け付けていません

投稿日:2023年07月03日 作成者:yasunaka

先週末の2023年6月30日に定期バージョンアップとして、 crossnote / EDITROOM ver 2.1.5をリリースしました。今回のバージョンアップではDocFlowにおいてElasticsearchやSQLデータベースからデータを取得して表を作成したり、チャートに変換してドキュメントに貼り付けうことができるようになりました。またcrossnoteドキュメントの書式設定において、目次や箇条書き等についての設定が増えました。

例えばこのようなチャートをExcelやSQLデータベース、Elasticsearch、kintoneなどからデータを取得してドキュメントに張り付ける、などといったことができます。

興味のある方はぜひお問い合わせください。

タグ crossnote

crossnote / EDITROOM ver 2.1.4リリース

コメントは受け付けていません

投稿日:2023年03月30日 作成者:yasunaka

本日、2023年3月31日に定期バージョンアップとして、 crossnote / EDITROOM ver 2.1.4をリリースしました。今回のバージョンアップではcrossnoteドキュメントの表現力を高めるための対応として、角丸枠や、背景イメージ、見出しの上罫線への対応などを行いました。またPDFやHTMLへのエクスポートについても、よりきれいな出力が得られるようになりました。

興味のある方はぜひお問い合わせください。

タグ crossnote

Japan IT Week 春へ出展します

コメントは受け付けていません

投稿日:2023年03月29日 作成者:yasunaka

2023/4/5(水)-7(金)、東京ビックサイトで開催される Japan IT Week 春に出展いたします。このJapan IT Week 春は日本最大のIT展示会で、弊社はこの中の「AI・業務自動化展」エリアに出展いたします。

展示内容は crossnote および EDITROOM となります。デモを準備しております。

皆様のご来場をお待ちいたしております。

(なおJapan IT Week 春には招待券が必要です。招待券はJapan IT Week 春のホームページからお申し込みください。)

タグ crossnote

crossnote / EDITROOM ver 2.1.3リリース

コメントは受け付けていません

投稿日:2023年01月13日 作成者:yasunaka

本日、2023年1月13日に定期バージョンアップとして、 crossnote / EDITROOM ver 2.1.3をリリースしました。このバージョンアップではWebhook機能の拡張やcrossnote Shareの機能改良などを行っています。

WebhookとはWebアプリケーション間で更新情報などをリアルタイムに連携する機能です。Webhookを設定しておくと、例えばcrossnoteでファイルをコミットしたり、ドキュメントステータスを変えたりすると即座に指定したWebアプリケーションに変更通知を連携することができます。WebhookはWebアプリケーション間を設定だけでインテグレーションすることができる、優れた仕組みです。

EDITROOMのローンチと同時にcrossnoteでもWebhook機能が使えるようになったのですが、最初のバージョンでは例えばcrossnote上でファイルをコミットされたらそれでEDITROOMを実行してレポートを作成する、などといったことを実行する場合、crossnoteとEDITROOMの間にZapierなどのWebアプリケーションの統合サービスを経由させる必要がありました。なぜならばcrossnoteのPOSTするWebhookメッセージと、EDITROOMを実行するためのWeb APIは別物なので、その間でメッセージの変換が必要だったからです。もしcrossnoteのPOSTするWebhookをEDITROOM専用にしてしまうと、それ以外のWebサービスでは使いずらいものになってしまう可能性があります。

今回のWebhook機能の拡張では、このcrossnoteからPOSTするWebhookメッセージをカスタマイズできるようにしました。これにより、通知先のWeb APIの仕様に合わせたメッセージをPOSTできるようになり、crossnoteからEDITROOMへWebhookを直接接続することが出来るようになりました。

今回のバージョンアップのもう一つの目玉はcrossnote Shareの機能改良です。crossnote Shareはcrossnoteのオプションの1つで、これを用いると、外部のユーザがアップロードしたファイルをcrossnoteに取り込んだり、逆にcrossnote上のファイルを外部のユーザに送信したりすることができます。今回の機能改良ではセキュリティポリシーへの対応(パスワード運用や2段階認証への対応など)、および大量のShare BOXを運用する場合へのサポート機能が追加になりました。

興味のある方はぜひお問い合わせください。

タグ crossnote

オープンイノベーションEXPOに出展します

コメントは受け付けていません

投稿日:2022年12月06日 作成者:yasunaka

直前の報告になってしまったのですが、12月7日(水)~12月8日(木)に、横浜みなとみらいのパシフィコ横浜で開かれるオープンイノベーションEXPOに出展します。

展示内容はEDITROOMです。

来場登録フォームはこちらです。入場料は3,000円となっていますが、アンケート回答で無料となるようです。ちなみにサービスロボット展、産業用ロボット展、次世代モビリティ展と同時開催です。

よろしくお願いいたします。

タグ EDITROOM

QiitaとZennにEDITROOM関連の技術記事を載せていきます

コメントは受け付けていません

投稿日:2022年11月09日 作成者:yasunaka

EDITROOMはWebAPIやWebHookと呼ばれる技術を使い、様々なクラウドサービスと連携することができるサービスです。そこで、それらの技術を使って Zapierやmake、kintone、Slackなどのサービスと連携するにはどうしたらよいかという観点で、技術記事をQiitaやZennに載せることにしました。

Qiita … https://qiita.com/update_it_inc

Zenn … https://zenn.dev/update_it_inc

今後も様々なテーマで記事を増やしていきたいと思います。

EDITROOMのみならず、様々なクラウドサービスでWebAPIやWebHookを利用する際の助けになれば幸いです。よろしくお願いいたします。

タグ EDITROOM

新サービス EDITROOM 始めました

コメントは受け付けていません

投稿日:2022年10月21日 作成者:yasunaka

本日、2022年10月21日より、新サービス EDITROOM をスタートさせます。

EDITROOMはクラウド上でデータを集め、検証し、文書化し、配布する一連のプロセスを自動化するための仕組みで、Web APIで自社サービス/システムとインテグレートできます。

またさまざまなクラウドサービスと連携できます。

editroom

ExcelやWord、図などを部品化して文書を組み立てます

editroom

生成した文書をWebで公開できます

editroom

kintoneと連携できます

editroom

自社システムやサービスとインテグレートできます

editroom

EDITROOMに興味のある方は、こちらをご参照ください。

タグ EDITROOM