もうすぐ終了のXPにこの仕打ち

コメントは受け付けていません

投稿日:2013年11月27日 作成者:yasunaka

さあ皆さん、Windows XPマシン廃棄の準備は万全ですか? 🙂

みなさんもご存じのとおり、来年、2014年4月9日をもって、マイクロソフトはWindows XPのサポートを終了します。既にカウントダウンが始められており(今日時点で、残り133日)、この長年愛用されてきたOSから未練を断ち切り、できるだけ早く手を切るように促しています。

サポートを終了すると、ウィルスなどがOSの脆弱性を狙った攻撃をしてきた場合、対応が難しくなります。基本的にはサポート終了が、OSの死亡宣告と同じと考えるべきなのでしょう。

で、表題の話。

当社には、テスト目的などでまだ何台かXPのマシンが残っているのですが、最近これらのXPマシンのWindows Updateが終わらないという現象が起きています。Windows XPのマシン起動後、しばらくするとsvchost.exeがCPUを100%に振り切ったままになります。冷却ファンがバンバン回って、かつ何も仕事ができない状態がず~と続きます。ちょっとググればわかりますが、マイクロソフトもこの現象を認識していて、まだ対処できていないとか。7月ぐらいから、らしいですが。

これ、ウィルス並みにたちが悪いですよ。その間、ず~っとそのマシンでは、ほぼ何も仕事ができないんですから。しかもこのタイミングで、しかもこんなに長い間放置しているってのは、早くXPを止めるように仕組んだんじゃないかって、疑いたくなる状態です。

ま、何はともあれ、早くXPを止めましょう、ということですね。(しかしこういったことでライトユーザがPCからタブレットに流れる動きが加速するのでしょうね…)

タグ システム

crossnote ver 1.7.1 リリース

コメントは受け付けていません

投稿日:2013年11月09日 作成者:yasunaka

前回のメジャー・バージョンアップからちょうど1ヶ月ですが、昨日ver 1.7.1をリリースしました。今回のリリースでは主に以下のような対応を行っています。

■ サーバー・リポジトリ参照機能

■ 中国語対応

■ 前回のリリースでまだ十分ではなかったパフォーマンス改善

まずはわかりやすいところから。中国語対応の結果をご覧ください。

中国語画面

ちょっと画面が小さくて、わかりにくいかもしれませんが 😉 … 中国語環境では上記のように中国語で表示されるようになりました。これで、日、英、中の3カ国語対応になりました。

次に、サーバー・リポジトリ対応について。これは「プロジェクトのセットアップ(チェックアウト)」を行わなくてもドキュメントが見れるようになった、ということです。なお編集するには今まで通りにプロジェクトのセットアップが必要です。

画面のワークスペースViewに、「サーバー・リポジトリ」というアイコンが追加されています。

サーバーリポジトリ

これを開くと、以下のようなサーバー側のリポジトリを参照する画面が開き、参照権限のあるドキュメントを直接開いて見ることができます。

サーバーリポジトリ画面

なおブックマークからも、セットアップしていないドキュメントを参照できます。また、crossnoteドキュメントの参照コピー機能も、リポジトリの直接参照に対応しています。これで参照コピー先が別プロジェクトになっていても困ることはありません。

最後にパフォーマンス改善ですが、前回のパフォーマンス改善で対応を見送った部分を対応し、本来目標としていたパフォーマンス水準に達しました。バージョンアップ直後の最初の1回目の起動はそんなに変わらないのですが、それ以降起動する場合のスピードがぜんぜん違うと思います。

詳しい内容など、お問い合わせはお気軽にこちらまでお問い合わせください。